伊場仙版団扇絵

伊場仙版団扇絵(浮世絵複製)

団扇絵は江戸時代に描かれた浮世絵の様式の一つです。浮世絵を竹の骨に葉って余分な箇所を切り落とし、団扇として用いられてきました。団扇絵は絵画としての価値も高く、装飾用としても江戸の人々に愛されてきました。


伊場仙では初代歌川豊国、国代芳、広重といった今なお愛されている浮世絵師の版元として、風景画、美人画など様々な絵柄の団扇絵を取り揃えています。

絞り込み

絞り込み

“go Liquid error: Could not find asset snippets/gtranslate.liquid