• 新緑の季節にぴったり

    抗菌マスク付き

  • 葛飾北斎 冨嶽三十六景

    神奈川沖 浪裏コレクション

  • 26種類より 吉祥文様や判じ物も   お求め安い 江戸の粋

お知らせ

天正18 年創業 歴史深い扇子の老舗「伊場仙」

伊場仙は、徳川家康と共に江戸に上がった浜松の商人、伊場屋勘左衛門によって創業され、創業当時は江戸日本橋にて、幕府の御用を承り、おもに和紙、紙製品、竹製品などを扱っていました。

江戸後期に団扇を手掛けるようになり、初代・歌川豊国、歌川国芳、 歌川広重など人気絵師の版元になり、浮世絵を団扇に刷り込んで 販売し、人気を博しました。

江戸団扇や江戸扇子の粋を、お楽しみください。


江戸日本橋で生まれた江戸団扇(うちわ)は、持ち手や骨もすべて 1 本の竹を割いて作られています。
また江戸扇子は、絵柄がシンプルで「粋」を極めているのが特徴といいます。
江戸っ子の粋なこだわりを現代の装いに取り入れてみてはいかがでしょうか。

⚠緊急事態宣言延長により営業時間が変わります

⚠緊急事態宣言延長により営業時間が変わります

いつも伊場仙をお引き立て頂きまして誠にありがとうございます。 緊急事態宣言の延長に伴い、以下のとおり店舗・事務所の営業時間を変更させていただきます。 2020年5月10日(月)〜5月31日(月)店舗  11:00~16:30事務所 10:00~17:00 休み 土日祝 早く新型コロナウィルスが終息することを願うと同時に、皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。 また、緊急事態宣言が更に延長の場合は、営業時間が変更になる可能性もあります。その場合は追って告知させていただきます。 今後とも伊場仙をどうぞよろしくお願い申し上げます。 続きを読む

店内のご案内

扇子の製作工程

扇子の扇面の製作工程です。扇子の制作工程を詳しく映像でお伝えします。

扇子の製作工程①(約8 分)

Tell your brand's story through images

Add a title to your image

Tell your brand's story through images

九州王国2021年5月号に掲載されました。

九州王国2021年5月号に掲載されました。

新緑の緑が眩しい、初夏の香りがするこの頃。朝夕は寒いですが、日中外を歩くとぽかぽかとして気持ち良いですよね。 この度、九州王国の5月号に伊場仙の本藍染め扇子が掲載されました。本文より抜粋: 「江戸時代の型紙を使用し、大河ドラマで注目を集める渋沢栄一の故郷・埼玉で徳島県阿波市産の蓼藍を用いて、本藍染めを施した。藍は、消臭、虫除け、蛇除けの効果があるとされており、着物や手ぬぐい、暖簾など昔から様々な用途にもちいられてきた。本藍の扇子は一年かけて制作され、新作の波柄は限定50本」本藍染めのマスクがついており、贈り物にも喜ばれるだろう」 「本藍染めの扇子」のコレクションはこちら>> 「本藍染めの扇子」限定50本の波柄はこちら>> 一足先の夏を感じてみてはいかがでしょうか。 続きを読む
“go