江戸扇子 青海波/菊五郎

7.5寸(22.5cm) 唐骨竹

【オンラインショップ限定商品】

青海波は、広い海がもたらす恩恵を感じさせる柄で、「無限に広がる穏やかな波に未来永劫と、平和な暮らしへの願い」が込められている吉祥文様。

そこに、菊五郎縞が合わさった、粋な扇子。
歌舞伎俳優三代目尾上菊五郎が用いて、世に広まったものです。

その四本の縞と五本の縞が格子に組みあわさり、格子の中に「キ」の字と「呂」の字とを交互に置いて「キ九五呂」とし、「キクゴロー」と菊五郎の名を表現しています。

菊五郎格子。菊五郎染め。とも言われています。


三代目尾上菊五郎は、江戸時代の歌舞伎役者。屋号は音羽屋。今も、七代目ご活躍されていらっしゃいます。

「江戸扇子の良きこと聞く」の文様は、この三代目が好んで使った役者文様です。

「良き事聞く」にかけた、粋な文様です。

「江戸扇子の良きこと聞く」はこちら>> 

¥2,255 ¥4,510
- +
“go