【骸骨】浮世絵団扇(うちわ) 歌川国芳の「相馬の古内裏」

歌川国芳の「相馬の古内裏(そうまのふるだいり)」作品を団扇にしました。

1845年頃 平将門が討ち取られたあと、その娘とされる滝夜叉姫が呼び出した骸骨の妖怪が描かれた一枚です。

後ろにはその物語が文章で書かれています。

サイズ:縦38 x 横28.5 cm

¥825
- +
“go
x