手拭い扇子 No.14 朝顔 紺

手拭い柄の木綿の扇子です。

 紺地に白い朝顔文様 

朝顔は平安時代に薬用として伝わりました。季節感がはっきりしている花なので、夏の着物や浴衣によく用いられます。朝に咲いて昼にはしぼんでしまうことから「はかない恋」という花言葉を持つ朝顔ですが、しっかりとツルを伸ばして育つことから「固い絆」という意味があります。また、「太陽の力を受け運気を蓄えて咲く」として縁起のいい花と言われています。

サイズ:寸(21cm)

¥1,100
- +
“go