手拭い扇子 No.9 市松

手拭い柄の木綿の扇子です。

格子模様の一つで、神社の石畳のように四角い柄なので「石畳(いしだたみ)」と呼ばれていました。柄の特徴が途切れることなく続くことから、永遠とか繁栄などを象徴する意味合いを持ち、縁起の良い柄とされています。江戸時代に歌舞伎役者の衣装に使われ大流行しました。とても古くからある文様で古墳時代から使われているようです。

サイズ:寸(21cm)

¥1,100
- +
“go