江戸楽6月号に掲載されました。伝統技術がつまった「シケ引き」扇子の復刻版をご紹介

大人の嗜みに携帯したい、伝統技術がつまった扇子「シケ引き」扇子の復刻版 以下、抜粋。 『友禅染めの技法の一つであるシケ引きは、専用の刷毛で絹糸のような細い線状の模様を描いたもの。 国名に二名しかいない熟練の職人が描くシケ引きの扇子は、同じ柄が二つとなく、それぞれ異なる味わいが魅力だ。 吉田社長「復刻版では、扇骨に本漆を塗りました。」 国産の良質の竹材に本漆を塗り、高級感を持たせた。 今回新たに漆職人が加わり、扇面の和紙を折る職人、扇骨を和紙の間に差す職人など、十数工程に及ぶ職人技を得て、およそ二ヶ月の歳月をかけて一本が完成する。 日本の伝統技術が凝縮された一本である。』 【写真左下】 今回、SDGsの観点より研究開発中の海洋投棄プラスチックを素材に使用した扇子もチラシと紹介されてます♪ こちらは、半透明でとても涼しげな扇子です。乞うご期待。 しけびき扇子 両面柄 藍色 紳士・婦人兼用【復刻版 本漆】桐箱・袋付き しけびき扇子 両面柄 紫 紳士・婦人兼用【復刻版 本漆】桐箱・袋付き 続きを読む