江戸扇子 No.21 かまわぬ 紺

江戸時代に流行った模様で、鎌の絵と輪の絵と「ぬ」の文字を重ねたもので、「鎌わぬ」にかこつけたもの。

後に、歌舞伎役者の市川団十郎が用いた柄として知られている。


「判じ物」とは

「判じ物」とはなぞなぞの一種。文字や絵などにある意義をかこつけて書いたものの、意味を解くもの。隠してある語や物、意味を言い当てること。


商品詳細:

7.5寸(22.5cm) 白竹

¥4,100
- +
“go Liquid error: Could not find asset snippets/gtranslate.liquid